YouTube最新情報

【YouTube情報】380人のYouTuberがオープンチャットで会話した内容まとめ-2019年11月版(その1)

こんにちは、YouTube研究室です。

現在380名のYouTuberが参加している「YouTube研究室」ですが、グループ開始から約4ヶ月が経ち人数も次第に増えてきたことにより、重要な情報等もタイムラインに埋もれてしまい、つい見逃してしまうという参加者の方も少なくないように感じています。

またグループ未参加の方にとっては、実際にグループ内でどんな会話がされているかも気になるところではないでしょうか。

そこで今回は、2019年の11月中に「YouTube研究室」のオープンチャット内で共有された情報のうち、特に多くの方に共通する役立つ情報を抜粋させていただきます。

「YouTube研究室」は、無料で参加できるYouTuberの為の情報共有コミュニティとなっているので、興味のある方はぜひ一度参加してみてください。

YouTuberになりたい人集まれ‼️YouTube研究室

2019年11月 オープンチャットでの情報まとめ

動画タグが検索できる分析サイト

参加者1
参加者1
noxinfluencerってツールが便利で、色んなYouTubeの動画のタグだったり、動画の伸びだったりが分析できます!
私はこれで、どんな動画が伸びてるんだろ~~~って眺めてます🙄笑あ、あと、動画投稿者しか見れないタグとかも、これで勉強したりしてます!!!

チャンネル分析サイト「NoxInfluencer」

こちらは、それぞれのYouTubeチャンネルについて登録者ランキングや予想収益等を表示してくれるサイトになっています。

収益や見積もり等については、あくまで概算値となっていますが、エンゲージメント状況等については実際のチャンネル動画から算出しているので客観的判断としても参考にできるようです。

詳しい使い方については以下の説明サイトで詳しく説明されているので、興味のある方はご参照ください。


2019年12月 YouTubeの規約変更について

参加者2
参加者2
12月10日にYoutubeの規約が変更になる事はメールが届いているのでご存知かと思われますが、今後はプレゼント企画で視聴者を獲得する行為が規約違反となるようなのでご注意ください。

【2019年12月 追記されたYouTube利用規約】

本来のユーザー エンゲージメントの測定結果を歪めること、またはそのように仕向けること。たとえば、ユーザーに金銭を支払ったりインセンティブを与えたりして、動画の視聴回数、高評価数、低評価数を増やす、チャンネル登録者を増やす、またはその他なんらかの方法で指標を操作することなどが含まれます。

「YouTube利用規約 禁止行為の項目内より引用

頻繁に変更されるYouTubeの利用規約ですが、2019年12月には新たに「広告収益率の低いアカウントの削除」に関する記載や「インセンティブを与えての見返り行為の取得禁止」などについて追記されました。

過去はプレゼント企画等でチャンネル登録等を促す動画も見られましたが、今後はこういった行動もYouTubeの禁止項目となることが明確に記載されました。

動画集客チャンネルのさかい氏の規約変更に関する意見

子供向けコンテンツに対しての規制強化

参加者3
参加者3
子供向けのコンテンツに対して新たに規制が入っているので共有しておきます。パーソナライズド広告が停止になるので、収益単価が下がります。他にはコメント機能の閉鎖だったり影響が大きいので今後のジャンル選定をされる際には子供向けの動画を避けた方が良いかもしれません。

2019年9月頃にYouTubeから通知があった通り、子供向け動画のチャンネルに対して「パーソナライズ度広告」が停止することが明記されました。さらにパーソナライズ広告の停止とともに、コメント機能も使えなくなることが決まっています。

子供向け動画、パーソナライズ広告の停止についてのカズさんの動画

モバイルGoogle検索で「目次表示」が日本でスタート

参加者4
参加者4
YouTubeの概要欄に目次を埋め込むことで、Googleの検索結果で再生ポイントが追加されます。自然検索で上位表示狙ってる動画ならやってみると良いかもしれません。特にハウトゥー系ですかね。

既にアメリカではスタートしていた、モバイルでのGoogle検索によるYouTubeの目次(タイムスタンプ)表示を開始したと発表しました。

動画投稿者がタイムスタンプを使っている場合に、検索結果に応じて反映されるようです。

詳しい設定方法については、以下のサイトを参照ください。


タイトル作成に便利なキーワードツール

参加者5
参加者5
どんなテーマの動画を出そうか決めかねている人は、自分のチャンネルテーマにあったキーワードから関連するキーワードを見つけることでネタを発見できます。こんなツールがあるので一度見てみると良いかもしれません。

Keyword Tool(キーワードツール)

こちらのサイトは、YouTubeの検索ワードから関連する言葉を推測することができます。有料版を買うと検索ボリュームやCPCなども閲覧できるようですが、無料版では詳細を閲覧することはできません。

ただし、自分の集客したいワードに関連する単語を選ぶ上では非常に参考になるので、言葉のチョイスに苦労している方は一度利用してみてはいかがでしょう。

なお、言語別での検索も可能になっているので、翻訳タイトルをつけている方にとっても参考になるサイトではないでしょうか。

「動画」で検索すると関連ワードが出てきます